必読:灯す際の注意点 | agumocandle:浄化と癒しのアグモキャンドル

キャンドルを安全に灯すために

・必ず不燃性の受け皿を使用しましょう
・燃えやすいものを周囲に置かないようにしましょう
・点灯中は、目の届かないところにキャンドルを置くのをやめましょう
・点灯すると、蝋が垂れる場合があります
→布に染み込んだ場合…当て布をしてアイロンで押し、蝋を抜く
→固いものの上にこぼれた場合→固まってから剥がすか、ドライヤーなどで温めてふき取ってください
※脂っぽさを取るには、「ディソルビット」がおすすめですが、強力なのでご注意ください。


より楽しく美しく灯すために

・キャンドルの炎が大きくなりすぎたら、火が消えているときに芯を5㎜~7㎜ほどにカットしましょう
・溶け残りが多いときは、一回あたりの燃焼時間を多めにすると、灯した蝋の熱で溶け残りが少なくなります。
・火を消したあとは、必ず芯を立てておきましょう。次の火がつけやすくなります。

免責事項

点灯や使用によるいかなる事故にも、当方は責任を負いません。くれぐれも使用には十分ご注意のうえ、安全にお楽しみください。